授業で使うMILAiS

MILAiSでは、科目に合わせて、様々なスタイルで授業が行われています。
MILAiSでの授業風景をご紹介します。

■ グループワーク スタイル

MILAiSの最もオーソドックスな使い方です。

1グループ4-6名程度に分かれ、グループごとに課題に取り組むスタイルの授業で多く見られます。

話し合った内容はイーゼルに載せたホワイトボードに書き、考えをまとめるために使われています。

■ レクチャー スタイル

1学期中の授業の中で、レクチャースタイルの授業を行う場合の使い方です。

このスタイルでは、先生を囲むようにテーブルを配置し、学生が1-2名で使い授業を受けます。

■ コンビネーション スタイル

グループワークを行いながら、担当教員がレクチャーも行うスタイルです。

10名前後のグループがテーブルや椅子を大きな楕円状に組み合わせます。その円を囲むようにイーゼルも配置され、レクチャーやディスカッションに加えグループごとにプレゼンテーションを行ったりと、ダイナミックな授業スタイルです。

■ MILAiSを使用している授業

平成29年度後期、MILAiSでは
合計20科目の授業が行われ、施設稼働率は68%でした。

平成28年度 前期

  • IIF実践英語101
  • 構造生物学
  • バイオ技術者倫理
  • 確率・統計
  • 機械情報プロジェクトⅡ
  • 教職実践演習
  • クラウド開発型プロジェクトF・C
  • コンピュテーショナルセキュリティ
  • 技術者倫理M
  • 計算機システムⅠ-1
  • 計算機システムⅠ-2
  • メカトロシステム特論
  • 企業情報システム特論
  • 英語Ⅱ
  • 英語Ⅲ
  • 英語S2S
  • 英語W3S
  • 英語XD-1
  • 総合英語ワークショップ501

平成28年度 後期

  • 異文化コミュニケーション
  • 電子回路S
  • 情報メディアコミュニケーション
  • 機械情報プロジェクトⅠ
  • 機械情報プロジェクトⅢ
  • オブジェクト指向プログラミング・演習
  • 知能情報工学実験演習Ⅲ
  • 超PBLプロジェクトS
  • メカトロ材料学
  • 計算機ネットワーク
  • 実践英語102
  • 英語Ⅲ
  • 英語Ⅳ
  • 英語S2F
  • 英語S3F
  • 英語S2F
  • 英語VⅠC-2

平成29年度 前期

  • IIF実践英語101
  • 構造生物学
  • バイオ技術者倫理
  • 確率・統計
  • 機械情報プロジェクトⅡ
  • 教職実践演習
  • クラウド開発型プロジェクト
  • コンピュテーショナルセキュリティ
  • 計算機システムⅠ-1
  • 計算機システムⅠ-2
  • メカトロシステム特論
  • 企業情報システム特論
  • 英語ⅠC-1
  • 英語ⅠC-2
  • 英語ⅡC-1
  • 英語Ⅲ
  • 英語C2S
  • 英語S1S
  • 英語S3S
  • 英語XD-1

平成29年度 後期

  • 異文化コミュニケーション
  • 電子回路S
  • 情報メディアコミュニケーション
  • 機械情報プロジェクトⅠ
  • 機械情報プロジェクトⅢ
  • オブジェクト指向プログラミング・演習
  • 知能情報工学実験演習Ⅲ
  • 超PBLプロジェクトS
  • メカトロ材料学
  • 実践英語102
  • 英語Ⅲ
  • 英語Ⅳ
  • 英語S2F
  • 英語S3F
  • 英語VⅠC-1
  • 英語VⅠC-2
  • 英語ⅠVC-1
  • 英語ⅠVC-2
  • 英語ⅤC-1
  • 英語ⅤC-2