自習に使うMILAiS

授業で使用されていない時間帯のMILAiSは、
『ラーニングコモンズ』となり 学生さん達の自習スペースに変身します。

ラーニングコモンズとは?

Learning Commonsを直訳すると、『学習のための共有スペース』。

IT技術の活用によって高等教育を進歩させる目的を持つアメリカのNPO、
EDUCAUSEはラーニングコモンズを
即座に打ち合わせができたり、窓際の静かなスペースで作業ができたり、
学生が家具を自由にアレンジできるエリアを少なくとも1か所備えた、人が集う場所

と定義しています。

MILAiSラーニングコモンズは、この定義をベースにしつつ、
九州工業大学情報工学部に適した学習環境を備えたラーニングコモンズを目指します。

ラーニングコモンズ

MILAiSを使おう!

利用登録を済ませた方であれば、MILAiSラーニングコモンズをご利用いただけます。
テーブルや椅子、ホワイトボードは勉強しやすいように位置を動かし、
皆さんの気分や勉強スタイルに合った形で勉強をしてください。

一人で勉強

一人で集中して勉強をしたい時に。

グループで勉強

大勢でアイディアを出し合ったり、話し合ったりしながら勉強もできます。

MILAiSスタッフへの相談が必要ですが、
MILAiS内のプロジェクタやスクリーン、書画カメラ等を利用いただけます。

基本的にMILAiSは人が集う共有スペースであり、
多くの学生の皆さんに自習スペースとして使ってもらいたいと考えています。

一つの空間に、様々な学年の、異なった学科の学生さんが集まって、MILAiSで各々学習を行う
― それがMILAiSが理想とするラーニングコモンズの姿です。

MILAiSラーニングコモンズを使いたい!まずその前に。

MILAiSラーニングコモンズを使用するすべての学生さんに、利用登録をお願いしています。
なぜそのような面倒なことが必要なのか等、実際によく受ける質問内容について説明します。

I. なぜ利用登録が必要なのか?
II. ずっと利用できるのか?
III. 持込機材の登録とは?
IV. いつ利用できるのか?

I. なぜ利用登録が必要なのか?

MILAiSは講義を行う教室なのですが、それと同時に『学生さんたちがどのように相互作用しながら知識を構成し、理解を深めていくか』を研究するための研究施設でもあります。
そのため、授業やラーニングコモンズの風景を記録しています。

これらのデータを利用者の皆さんに個別に
確認せずに研究や論文、さらにMILAiSを含む九州工業大学の広報で使用するため、
またMILAiSの使用上の注意事項をお伝えするために、利用者の皆さんには事前に利用登録を行っていただいています。
授業開始30分より前及び授業後にMILAiSを利用する場合にも利用登録が必要です。
利用登録カード
なお、利用登録を行った方には、『利用登録カード』をお渡しています。

II.ずっと利用できるのか?

利用登録カードの左下には、有効期限が書かれます。
利用登録を初めて行った場合、利用可能期間は1か月です。
その後、利用更新をしていただくと、該当する学期中はMILAiSが使用可能になります。
例えば2011年度前期中に更新すると、後期開始日前日の10月2日まで利用できるようになります。

なお、利用更新手続きは、期限が切れる1週間前から受け付けています。
利用期限が切れた場合、新規利用登録の手続きを再度お願いすることになります。

III. 持込機材の登録とは?

MILAiSには、無線及び有線LANがあります。
これらを使用するためには、ネットワークを利用する機材とそのMACアドレス(物理アドレス)を登録する必要があります。

この登録は、ラーニングコモンズ中の機器使用に限らず、授業中に利用する場合にも必要です。
MILAiS内の無線及び有線LAN利用を希望する方は、持込機材接続申請書に必要事項を記載し、初回利用前にスタッフに手渡してください。(登録書はMILAiS内でも準備しています。)

MACアドレスの調べ方は、こちらをご参照ください。

IV. いつ利用できるのか?

MILAiS開館時間 → 8:30-18:00

開館時間中、授業を行っていない時間帯は、ラーニングコモンズとして開放しています。
また授業により、教室の半分のみを開放している場合もあります。
詳しくは、時間割をご覧ください。

曜日によっては、夜遅くまで空いていることもあります。
TwitterのMILAiSアカウントでMILAiSの開館情報を更新しているので、確認してみてください。